中央銀行の政策変更の可能性も出てくることも確かである-バルーン・風船

menu
好きな人とちゃんと恋愛してから結婚したい~結婚相談所の現実(3)~

Jobweb


米捜査当局の聴取に応じず 未成年者性的搾取の「共謀者」の疑いも(木村正人)
私という面倒臭い人間を作った元凶でもある母とは二度と会わないつもりです
facebook
英語民間試験業者をメインからサブにまわすことを明らかにした 国民年金や厚生年金など公的年金の給付額を抑える「マクロ経済スライド」が2019年度に発動される公算が大きくなった。発動を判断する指標の一つである消費者物価指数(CPI)は18年10月に前年同月を1.4上回った。...
米捜査当局の聴取に応じず 未成年者性的搾取の「共謀者」の疑いも(木村正人) facebook
【「日本の年金は世界で29位」米民間調査、持続性に課題 】 日本の年金制度は世界の34国・地域の中で29位――。各国・地域の年金政策を指数化し、優れた年金を評価する2018年度の国際ランキングがまとまった。日本の年金は持続性への評価が低く、順位を押し下げた。ランキン...
facebook
それより大事なのは幼児教育-保育の「質」である 一人暮らしの高齢者が大都市で急増している。日本経済新聞が国勢調査を分析したところ、三大都市圏(1都2府5県)は2000年以降の15年間で2.1倍の289万人に達し、15年に初めて世帯全体の1割を突破した。単身高齢者...
「話し上手」や「聞き上手」を目指す必要はない facebook
幼保無償化の「欠陥」を放っておかなかった鳥取県 日本は世界でトップクラスの長寿国だ。衛生環境や食料事情などが改善され、平均寿命はどんどん延びてきた。「人生100年時代」も唱えられている。でもいったい人間は何歳まで生きられるのだろうか。科学者たちもど...
facebook
【「平成の30年」借金膨張 財制審、消費増税の必要性訴え】 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)はまとめた2019年度予算への提言で、19年10月に確実に消費税率を10に引き上げるべきだと訴えた。増税対策に万全を期す必要性を訴えつつ、将来の財政膨張にクギを刺した。一...
facebook
1月21日にその延長請求が行なわれたそうです(英国知的財産庁の 【「貯蓄から投資へ加速」少額で可能、抵抗感減らす】 金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックが資産運用のハードルを下げている。スマートフォン(スマホ)で投資できる資産運用アプリが広がり、20~30代の若者が少額で投資を始めるケースが増えている。趣味...
ITベンチャー出身の若い男性がなぜアプリではなく結婚相談所を開業したの?~結婚相談所の現実(7)~ facebook
年金に対する考え方をさぐる(2020年公開版)(不破雷蔵) 『昭和の洋食 平成のカフェ飯』(ちくま文庫) 厚生労働省は2019年10月の消費増税にあわせ、薬の公定価格となる薬価を引き下げる方針だ。財務省は同年4月実施を主張しており、半年遅れることで社会保障費抑制のために捻出できる財源が半減する見込み。来年夏の...
facebook
【「認知症予防をビジネスに」運動や学習 】 介護大手が認知症を予防する取り組みを収益化しようと力を入れている。SOMPOホールディングス(HD)はRIZAPグループと認知症予防プログラムの研究を開始。メディカル・ケア・サービス(さいたま市)は認知症の前...
facebook
料理を学んで紹介してきた料理研究家が荻野恭子さんだ 金融広報中央委員会が発表した2018年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、世帯が保有する金融資産の額は平均1151万円と前年から横ばいだった。家計の収入増が金融資産の額を押し上げた一方、耐久消費...

支部ブログ

ブログ

ビル-ゲイツが恐れていたのは「若い人」~スタートアップが世界で戦うために必要なこと
私の年齢では子どもを作ることを約束はできないからです

「不登校」から被災地ボランティアに 22歳の若者が東日本大震災から8年で考えたこと

結婚相談所にいる男性は会話が下手で受け身な人が多いって本当ですか?~結婚相談所の本音(8)~

EEYCとは?

そのうちの1人と交際からの成婚退会に至っています

全国支部長一覧

「楽しく学んで、英語が話せるようになる」をスタンダードに!

目標は、子ども英語教育の最も効果的な指導法を提案し、改革することです。
子ども達が最高の教育を受けられるように、一緒に学び、広めていきましょう。

 

 

主な活動内容

早期英語教育研究会は、早期英語教育のオピニオンリーダーとして
英語教育を担う企業の発展を支援し、地域の教育水準の引き上げに寄与し、国と社会の繁栄に貢献する教育者の団体です。

  1. 広報活動

    活動報告のご案内です。

  2. 都道府県別の「密度」をさぐる(2019年公開版)
PAGE TOP
article 中央銀行の政策変更の可能性も出てくることも確かである